矯正歯科ウェブリング・矯正歯科の説明や相談、装置・歯列矯正グッズの紹介・矯正歯科日記

矯正歯科ウェブリング
topknowridgegoodsadvicewebringreccomend
 
矯正歯科治療って?
矯正治療と差し歯の違い
健康における矯正歯科治療の役割
矯正歯科治療による精神の向上
成長発育とその法則
頭蓋・顔の成長
矯正歯科の費用について
成人矯正の場合の費用
治療ごとの費用の例
調整料金について
矯正歯科の流れについて
矯正装置の種類について
表側の矯正装置の特徴
ハーフリンガルの特徴
見えない矯正装置の特徴
歯ブラシ・電動歯ブラシ
歯磨き粉
フロス・歯間ブラシ
デンタルリンス・マウスウォッシュ
その他
質問・疑問にお答えします
矯正治療を始める前に その1
矯正治療を始める前に その2
矯正治療をした直後から数日間
次回の通院までの心がけ
毎日のお手入れ・注意
矯正歯科日記ウェブリング
矯正中の方の情報を募集中
おすすめの矯正歯科を投稿する
 
TOP> 歯科衛生士さんのアドバイス>矯正治療を始めるまえに その2
矯正治療を始める前に その2

抜歯をする

抜歯が必要な方は先生の治療計画をよく理解した上で専門機関(大学病院の歯科、口腔外科のある歯科医院・センター)で処置してもらいましょう。

抜歯当日は規制がありますので、日程を考慮して差し支える予定は入れないようにしましょう。
抜歯後の注意事項
1
麻酔が切れるまで患部(下の歯の場合は唇周辺まで)の感覚がなくなりますので、
やけどの原因となる熱い飲み物を控えて、
食事は舌や唇を噛みやすいので麻酔が切れてから頂きましょう。
2
処方された薬は定められた用法で飲みきりましょう。
痛み止めは痛みが出た時のみ服用します。
3
当日は血餅(患部に溜まる血の塊の事。
後に骨になって抜歯渦を塞ぐ)を剥がさないよう、強いうがい、患部を舌で触るなどはしないでください。
血餅が剥がれると知覚過敏の原因になります。
4
血餅が剥がれ出血した場合はティッシュやガーゼを患部に当て、
10分前後噛むと止まります。
唾液と混じって出血が多く感じられますが、
上記の方法で止血するものは問題ありません。
それでも出血する場合は医師へ報告しましょう。
5
表面の傷口がふさがるまでは約1週間程です。
抜歯をした側と反対のほうで食事をしましょう。
特に食べ物が詰まっても問題ありませんので軽くうがいをして洗い流してください。
また患部のブラッシングも控えてください。
6
親知らずを抜歯された方で骨を削った方は、
削った量に比例して腫れが見られる場合があります。
腫れを抑えるために冷パックなどで患部を冷やしましょう。
氷水などは長時間当て続けると血液の循環が悪くなりますので
適度に患部から離しましょう。
上記以外の方でも、抜歯後に熱を持っている場合は同じように対処しましょう。
7
体が温まり出血の原因となりますので
当日は激しい運動、飲酒、入浴やサウナを控えて、シャワー程度にしましょう。
8
タバコは血管を縮め治癒を遅らせますので1週間位は控えましょう。

仕事・日常

矯正開始から数日間は痛みが出ます(個人差があります)ので、仕事に支障が出ると思われる方はスケジュールを練って矯正を開始されるとよいですね。



矯正歯科 ウェブリング トップへ