矯正歯科ウェブリング・矯正歯科の説明や相談、装置・歯列矯正グッズの紹介・矯正歯科日記

矯正歯科ウェブリング
topknowridgegoodsadvicewebringreccomend
 
矯正歯科治療って?
矯正治療と差し歯の違い
健康における矯正歯科治療の役割
矯正歯科治療による精神の向上
成長発育とその法則
頭蓋・顔の成長
矯正歯科の費用について
成人矯正の場合の費用
治療ごとの費用の例
調整料金について
矯正歯科の流れについて
矯正装置の種類について
表側の矯正装置の特徴
ハーフリンガルの特徴
見えない矯正装置の特徴
歯ブラシ・電動歯ブラシ
歯磨き粉
フロス・歯間ブラシ
デンタルリンス・マウスウォッシュ
その他
質問・疑問にお答えします
矯正治療を始める前に その1
矯正治療を始める前に その2
矯正治療をした直後から数日間
次回の通院までの心がけ
毎日のお手入れ・注意
矯正歯科日記ウェブリング
矯正中の方の情報を募集中
おすすめの矯正歯科を投稿する
 
TOP> 矯正基礎知識> 歯列矯正の種類について

見えない矯正装置の特徴


文字通り矯正器具が限りなく見えにくい治療方法です。
 見えない矯正(歯の裏側からの矯正、舌側矯正)の特徴

1・他人の視線を気にしなくてもいい
今まで矯正治療を受けることをためらっていた方々のご意見を集約すると、『笑ったときに矯正器具が目立つことが嫌だった』というものでした。たしかに接客をする機会や容姿が気になる年頃の方、芸能活動をされる方には一年以上も矯正器具を付け続けるのはかなり勇気がいることかもしれません。他人の視線を気にしなくてもいい。それが見えない矯正の最大の特徴です。

2・むし歯になりにくい
歯の表層は硬いエナメル質というものでおおわれています。歯の裏側ではエナメル質が厚くむし歯になりにくく、またむし歯になっても神経に届きにくいという特徴があります。また歯の裏側は絶えず唾液で湿っていることが大きく影響しています。むし歯をつくる細菌は歯垢の中で繁殖し活動を盛んにしますが唾液には細菌を抑える物質が多く含まれています。また唾液には細菌が作り出す酸を薄める働きがあります。正確にいうと酸を中和して口の中を中性に保ってくれる有用な働きです(唾液の緩衝作用)。したがって裏側の矯正はむし歯になりにくいのです。




矯正歯科 ウェブリング トップへ