矯正歯科ウェブリング・矯正歯科の説明や相談、装置・歯列矯正グッズの紹介・矯正歯科日記

矯正歯科ウェブリング
top矯正歯科の基礎知識矯正歯科治療中のデンタルグッズ矯正歯科Q&A矯正歯科についてのアドバイス矯正歯科webringお勧め矯正歯科
TOP> 矯正歯科装置について> 装置一覧

矯正歯科装置の種類について

ワイヤー法による矯正歯科装置

 

1・表側からの矯正装置(唇側矯正)

表側矯正 表側矯正アップ

前歯(切歯、側切歯、犬歯)には透明サファイアの矯正器具を使用。(宝石矯正)
針金(ワイヤー)にはピンクゴールドを使用(銀色のワイヤーよりはるかに目立ちません)。
初期治療過程において、体温を感知し、自動調整をする形状記憶ワイヤーを使用しています。

2・ハーフリンガル(上顎のみ裏側の矯正治療)

ハーフリンガル  

笑ったとき上の歯しか見えない方におすすめです。近年、人気の矯正歯科装置です。見えない矯正よりリーズナブルで表側からの矯正よりみえない理由によります。

3・見えない矯正(歯の裏側からの矯正、舌側矯正)

舌側矯正 舌側矯正

文字通り矯正器具が限りなく見えにくい治療方法です。接客する方、
芸能活動をされる方に人気があります。

 

 
<< 矯正歯科の流れについて 表側の矯正装置の特徴 >>  

ページの上部へ